2014年10月15日水曜日

うつじゃないですか?と医者が言ってたが。

これはもう6年以上も前のことだけど体がだるくて確か順天堂あたりに
貧血検査に行ったことがある。私はそもそも血が薄くちょっと気をゆるめると
貧血になるのだ。

でも、結局貧血では無かった。その時医者が「うつなんじゃないですか?」
と言ったのだ。「いや、それを判断するのはあなたなんですが?」
と思ったが言わなかった。

私はその頃確かやりたいことや行きたい場所が沢山頭の中にあり
どう考えてもPositive思考でうつではなかった。はっきり言ってやる気満々だった。
それだのに体がついて来ないので嫌だったのだ。

兎に角、単に「体がだるい」と言っただけでうつを疑う医者が信じられなかった。
今は血液かなんだかでうつと分かるらしいが昔はそんなんなかったので
原因不明のだるさはそうやって簡単にうつと診断されていたようだ。
そんなんで意味も無く薬なんか飲まされたらたまったもんじゃない。

言いたいのは、医者と言うのはそこまで信用できる人達じゃないってこと。

0 件のコメント:

コメントを投稿