2014年3月10日月曜日

シルクエアのパイロットが飛行中に乗客を道連れにし自殺した件

いろいろニュースを見てて出てきたのがなんと1997年シルクエアのパイロットが
飛行中に乗客を道連れにし自殺したという事故。日本人も2名搭乗していた。

原因不明で片付けられたらしいが大方の予想は自殺らしい。
というのも機長は多額の負債があったとかなんとか。

調べてみると機長が意図的に飛行機を墜落させる事故は
度々起こっている。日本でも 日本航空350便墜落事故などある。
見てて怖くなった。見ず知らずの他人を巻き添えにした事故って
日本だけじゃないんだな、と。

以前シンガポールで元日系のパイロットに会った時パイロットは随分過酷な仕事だと聞いた。
よくよく考えたら例えば日本からヨーロッパに飛んでそこから帰ってくるって
どんだけ長時間労働なんだよ、って思う。もちろん合間に休憩はあると思うが。
精神的にひどく疲れるとは思う。

ちなみにエアアジアはマレーシアからロンドンへ飛び30分で乗客を
入れ替え帰ってくるらしい。 絶対に乗りたくない。

2 件のコメント:

  1. はじめまして。昔シンガポールに住んでいた者です。
    にほんブログ村のリンクから来ました。
    シルクエアーの事故、覚えてます。日本人2人のうち、1人は同じマンションに住んでた方でした

    返信削除
  2. はじめまして。それはとてもショックですね。こんな信じられない事故がこのシンガポールという平和な国でであったことに驚いています。

    返信削除