2014年2月5日水曜日

アジア人の子供は叫ぶものなのか

昨日電車で中国系の3歳くらいの子供が叫んでいた。
こういうことよくある。兎に角うるさい。もう親のほうもあきらめてるのか
何も言わない。多分始終こんな感じなのだろう。
中国系に限ったことでなくインド系の子供が叫んでいるのもたまに見る。

でも白人の子でここまで奇声を上げている子を見たことがない。
これは不思議。数的に少ないというのもあるけれど。私の中のイメージでは
静かにニコニコ笑っている感じ。

で、思ったのがアジア系って子供だけじゃなくて親もこんな感じなのよね。
叫んだりはしないけど兎に角しゃべり方がうるさいし怒り方もうるさくて
気性が激しい。だから子供も同じようになるんだろうなと。


いずれにせよ、せめて公共の場では静かにすごせないかなって思う。

3 件のコメント:

  1. 公共に対する意識が欧州人は特に高いのかもしれませんね。

    子供の声だけでなく、レストラン等での大人の振る舞いもそうですし、建物や広告なんかもアジアでは派手な色や安っぽい広告が多いですが、欧州では色やデザインの規制があるみたいですし、全体的に景観も損なわないようにしていますし。

    まあ全て予想でしかないですが、そんな気がします。

    返信削除
  2. エンジニアKさんのコメントを見たら昔読んだ「街並の美学」という本を思い出しました。ヨーロッパの街並と日本の街並を比較する部分があり欧州では全体を意識した景観となっていると。それが人々の意識にまで影響をしているのだと思います。もし手に取る機会がありましたら読んでみてください。すごく面白いです。

    返信削除
  3. ありがとうございます。
    機会があれば読んでみたいと思います。

    返信削除