2013年11月9日土曜日

ムサシ@シンガポール公演、成功おめでとうございます

最後はスタンディングオベーションでした。
劇と言うよりその成功のせいで涙が出た。
兎に角拍手喝采だった。

多分ユーモアのあったところがこのシンガポールで
受けたのだろう。じゃなきゃだめだったろう。

脚本自体ははっきりいってそこまでのものじゃなかった。
内容がフワフワした感じで一貫してない。メッセージ性はあるし
最後は予想してないものだったので面白かったけれども。


藤原達也より溝端淳平のほうが魅せていたし好感が高かった。

ちなみに私は今回VIP席だったのだけどボックス型で約15人
くらいはいる。椅子はソファで固定されていないためにずらせる。
2Fだったので遠かったけどまあよかった。
1Fは役者が歩いたりするので間近で顔を見れる特典がある。

ちなみにかなり早口で日本人の私でも?ってところが結構あった。

0 件のコメント:

コメントを投稿