2013年9月3日火曜日

自分のコップを洗え@オフィス

シンガポール人のマナーの悪さ、というかシンガポールに住んでいる人の
マナーの悪いところの一つ。

「自分が使ったコップを洗わない」

コップを洗わないどころか机に放置していく人も多い。
うちのオフィスはどこでも座っていいホットデスクタイプ。
ようするに自分の机じゃないから置いてってもいい?みたいな態度。
次の日にコップがそのまま置いてあると文句をいってるんだから意味不明だ。

なんでこういうことが起こるかというとメイド文化のせいだ。
シンガポールでは三分の一の家庭がメイドを雇っているという。
なので自分が散らかしたものだとか使ったものを自分で片さないという
日本人的感覚からいうと信じられないことが起こっている。

これ結構いらいらすんのよね。

ちなみに日本にいる人はシンガポールってとても清潔な国と思っている人
いるようだが全然違う。

基本的に汚いのだ。それを政府が金をかけて一生懸命他国の人を使い
綺麗にしてるのだ。はたまた罰金をかけたり。
罰金とかが無かったらたちまちに汚くなるのだ。
この感覚はいつまでたってもかわらなそう。

0 件のコメント:

コメントを投稿