2013年8月6日火曜日

マレーシアでの常識-危険を回避する偏

新しい家を借りた時に大家のおばさんが手紙をくれた。
何も知らない私はきっとウェルカムレターであろうと開いてびっくり。

「マレーシアは非常に危険です。女性がレイプされたり刃物で
襲われたりします」的なことがずらずらずらっと書いてあった。
そして絶対に家の鍵をバックの中にいれないこと。
鍵はポケットの中に。そのためにはポケットの無い服を着ない事。
出来ればチェーンみたいなもので鍵と服をつないでおくこと。

なぜ鍵をバッグに入れてはいけないかというと、バックを盗まれたとき
中に住所の分かるものなどが入っていた場合自宅に侵入される可能性が
あるからと、バックを盗まれても自宅には帰れるように、との事だと思う。

しょっぱなから冷や水をかぶせられた気分だったが、あれによって
結構心の準備が出来たかと思う。感謝。

私は車に乗らないが乗る人の常識としては絶対車の中に貴重品はもちろん、
バックやらPCやら置かない事だ。駐車場で窓ガラスを割られ盗まれる。
またいったん車から出る際は中にいる人は必ず全ドアのロックをかけること。

以上は常識中の常識になっている。

他には、ローカルの男性で財布を二つ持ち歩いている人がいた。
一つは犯人に渡す用とのこと。これも頭いいかも。

あとは道路を歩く時は必ず何回も後ろを振り返りチェックすること。
これも重要だ。

考えればいろいろ出てきそうだけどこのへんで。

0 件のコメント:

コメントを投稿