2013年8月4日日曜日

マレーシアで日本人女性がタクシードライバーに狙われた件

アジア事情を知らない日本人がコメントで華人が犯人では?みたいに
書いているけど98%華人じゃない。

まずマレーシアで華人はタクシードライバーにあまりならない。
比率はかなり低い。タクシードライバーは基本マレーかインディアン系。
華人は商売系の仕事をするのを好む。そして金持ちなので犯罪はあまり起こさない。

マレーシアは年金生活者が住めるビザを給付しているので人気があるそうだが
こころしていったほうがいい。

若者もしかり。英語を勉強するならイギリスかアメリカに行った方がいい。
費用が高いけれど犯罪にあうよりましだ。

マレーシアは気軽に住むような場所では全くない。

マレーシアではいつも車で移動するから大丈夫だよ、と言っていた男性がいたが
車なんて周りをバイクに囲まれてめったたたきにされたり、わざと
バイクがぶつかってきてお金を取られたり全然安全じゃない。

ガソリンスタンドで夜中オイルを入れるため外に出たら10人以上の男が
やってきて襲われた事件だってあった。それはローカルが標的になったけど
地元の人だって危ないのだ。日本人ならもっとあぶない。

子供をインターのスクールにいれるためジョホールバルに来ている日本人家族も
いるようだがそこはクアラルンプールより危険な地域で有名だ。
私は絶対行かない。

ちなみに子供が誘拐されることなんてニュースにもならない。
子供だけで道ばたを歩くなんて事は無い。全部スクールバス。
これだけでもこの国の危険さがわかると思う。

毎日危険は感じないだろうけど1年に何回かは必ず感じる。
そして本当に運が悪いと命に関わることが起きるのだ。
そして相当なことが起きないと警察は動かない事をしっておいたほうがいい。
マレーシアは安全なんていってるのは日本人くらいだ。

ちなみに今ラマダン期間なのでマレー系である警察官の動きはただでさえ鈍い。

http://www.themalaymailonline.com/malaysia/article/tourists-terror-ride-in-taxi

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130803-00000027-rps-bus_all

0 件のコメント:

コメントを投稿