2011年2月27日日曜日

ナショナルジオグラフィックCafe - Vivo city

 
 
映画「Rabbit Hole」を見た後ナショナルジオグラフィックカフェへ。
ここは確か以前飲み物とSweetsくらいしか無かったような気がするの
だけど今日見たら軽い軽食も出しているようなので試しにはいってみたら
とても美味しかった。しかもかなりリーズナブルプライス。しかもTax込みの
Menuなので払う時すごく安く感じた。
  
カクテルがTax込みで12$というのは安いと思う。
Singaporeスリングもあった。私はSoup of the dayとターキーのラップサンド
を食べたけどどっちもGoodだった。Soupはもう一杯欲しかったくらいだ。
食器はそこのStoreで売られているもので可愛い。カトラリーも
重みのあるものでGood.Singaporeはとかく安っちいものが多いけど
さすがUK、使うものが違う。
 
一つ難なのは人がStoreに向かって通過する所にいくつかテーブルがある
ので場所によっては落ち着かない。奥の席がよいかと思う。
 
机にNational Geographicの雑誌が置いてあるのでただで読める。
これはすごーく良いサービスだ。是非お勧め。

2011年2月26日土曜日

パーティ at Hotelマイケル Skybar


本日もあるようだけど昨日行ったホテルMichaelのパーティ
パーティとは言っても何のComplimentカクテルもなし。
特段何もなく30分もしないうちに帰った。残念。
パーティというからには何かあるだろうと期待したのに。
 
ホテルMichaelはSentosaにあるわけでここに来る人は
ほぼカジノ目当て。Youngは少なく中年が多い。
その中年がこういうSkybarに来るかといったら来ないわけで。
 
こういうイベントを施さないと客は来ないのにそのイベントがこけて
しまったので恐らく閑古鳥になるかと思われる。
  
デザイナーのマイケルさんがデザインしたようだがなんともレイアウトが
悪くエレベータを降りるとすぐ円形にチェアがありそのチェアの背面が
すごい高いため視界をさえぎる。良く知らないけど風水的にすごい悪そう。
 
ダンスホールがやけに広いが基本Chineseはそんなダンスしない。
多分に無駄なスペースだ。大丈夫かな、ホテルマイケル。
ガンバレ!ホテルマイケル!

ローズベランダビュッフェ - シャングリラ



本日は39%オフセールを利用してRose verandaのBuffetへ。
あまり品数は多くなかったけれど一つ一つ美味しかった。
特にサーモンが生と、煮た?のまで種類があってよかった。
ブレッドが冷たくて固いのがちょっと難。
40$コースだとTeaが1種類50$コースだと何種類か選べる。
今回40$コースだったけれど隅のほうにお試しのTeaが何種類か
あったので結局3種類楽しめた。TeaはTWGで味よし。
Shangrira teaは結構Good.
デザートも数が少なめ。でも基本私はSweetsは食べないので個人的にはOK.
ロケーションがあまりよくないせいなのか土曜なのにお客は少なめで
ゆっくりくつろげた。2時半に1回しまるので早めに入ったほうがよし。

2011年2月23日水曜日

ヘナ対決 クアラルンプールのリトルインディア



クアラルンプール美容の旅の最後にヘナトリートメント
 
クアラルンプールのLittle India(旧ブリックフィールズ)へ。
ここは1年前まではごっちゃんごっちゃんの最悪な町だったが
ご覧の通り健全な感じになった。夜は危険だと思うが昼間は大丈夫だ。
 
訪れたのはFemina Bridal美容院 周り3軒ほどあったが
一番こぎれいなのでここにした。お値段はロングでRM60.
S'poreの半額くらい。顔剃りのソレッディングもRM10で格安。
安いのはいいが、技術も50%オフ・・。ぶっちんぶっちん、髪の毛
切れているのが分かる。もうちょっと丁寧に!!うあぁぁ。。
 
効果も半分。。ここはS'poreのLittle indiaの勝ちだ。
IndigoPalaceのほうがいい。5$余分にぼられたけど。
次回は必ずS'poreのほうに行こう。

2011年2月21日月曜日

JJネイル in クアラルンプール

 
 
 
クアラルンプールに住んでいた頃毎月お世話になったJJネイル。
私はMidvalleyの支店を利用していた。
 
スタッフによって技術がかなり違うのが難だけど。
 
何がいいってネイルは通常2レイヤーつまり2回塗ると思うが
1レイヤー毎に色を指定できる。一色を2回塗るより
複雑な色が表現できる。黄色っぽい赤とか緑と黄色とか緑と朱色とか
兎に角思い通りの色が出るまで何度も試し塗りをしていた。
 かなり注文の多い客だったと思う。
 
この店にはOPIだけでなくキャップがボンテージの銘柄不明のマニキュアが
置いてある。ラメが入っていてこれがお気に入りだった。
  
KLにいくと必ずここによってPedicureをする。
剥がれることなく1ヶ月もつ。その日ならもし不注意で剥がれても
直してくれる。お気に入りの店。

ネイルケアと一緒にシャンペン! BangsarVillageⅡ






BangsarVillageⅡの中に面白そうなNail Shopを発見。
Boudoir  外観はCafeみたいだけれどNair shopらしい。
PromotionでRM150でワイン2杯込みとあった。
Budjetもあり今回は見送ったが是非次回は試したい!

Every treatment offered is exclusive and highly personalised.
Depending on the treatment, you get a choice of coffee, tea,
juice, champagne or wine.
 
つまり!爪と一緒にシャンペンかワインを選べる!
あの、、ムスリムの国ですよね??とも思うがOKなのだろう。
日本にこういうのあるのだろうか?今まで聞いたことが無い。
 
この店だけでなくBangsarVillageは面白い店が沢山できていた。
1年半前より5倍くらい良い。←本当! ↓ みたいな店いっぱい出来てました。
 

何気に手に取ったクッションがRM330してビックリしたけど・・(1万円)
ま、Malaysiaも成長しているのだな、と思った出来事だった。

コスメ価格 in アジア



先週行ったクアラルンプール。美容の旅の一環でコスメを購入。
口コミでDiorのファンデが良いと聞きShu uemuraから乗り換え。
早速Midvalleyに行きMetrojayaでリキッドを購入。RM140!
や、、安い!日本で5775円がこちらでは4000円前後。
(多分Singaporeでも同じくらい・・)
 
すっごい得したな!とホクホクしながら帰ってきたけど
よく見たらアメリカでも46$。。それって今のRateだと4000円くらいじゃ・・
もしや高いのって日本だけ??
 
思うにおそらく日本以外で買えばどこも同じくらいなんだと思う。
他が安いのではなく単に日本が代金上乗せしてるだけ。がっくし↓

2011年2月20日日曜日

RM5(150円)のプリペイドカード-Tune talk in M'sia

http://www.tunetalk.com/


久しぶりにクアラルンプールへ。
たったの1泊2日だけど携帯のプリペイドカードを購入。
知らないうちにAirasia系列でSIMカードを販売し始めたらしい。
その名もTune Talk。お値段たったのRM5.や、、安い!
もちろんS'poreの携帯もローミングで使用できるけど
断然M'siaではM'siaの番号を使ったほうが安いのでお勧め。
RM4が初期で使用できる。Textだけだと10通送れた。
これは便利。ただ、設定が面倒っぽい。
私は自分でやるのが嫌なので店の人にお願いした。
何でも、まずダイアル*100#を押して電話をかけるボタンを
押して自分の番号をリクエストしないといけないっぽい。
その番号でよければAcceptボタンを、嫌ならRejectボタン。
うーん、ちょい面倒。ま、安いから許すか。
しかし、未だに自分の番号が分からない。
かけるだけだと番号知らなくてもOKだったし・・
ちなみにcalls at 22sen/min and SMS at 5sen/SMSらしい。
ちなみに販売場所はLCCTのKFCの近く。
Passport controlを過ぎてすぐの場所ではやけに高かった。
ここでは購入しないことをお勧め。

2011年2月18日金曜日

Cebu航空 50%オフセール


セブ航空で全部50%オフセールをやっている。2/20までに予約要。
ゴールデンウィーク期間のボラカイ島を見たら既にSold outだった。
秋くらいのはまだ半額でOne way80$くらいだったけどそんな先の
予定はたてられない。大阪行きもあるようだけど、どうなんでしょ。安いのかな。
 
フィリピンは日本からもさして遠くないので後回しになっているけど
今年ボラカイ島に出来れば行きたい。
 
ちなみにセブ空港はLady GAGAの音楽に合わせてライフジャケットの説明とか
するらしい。

2011年2月17日木曜日

食卓をよごす習慣



本日はインターコンチネンタルホテルで会社主催のChinese new year Lunch party.
 
Chinese new yearにかかせないのがYu-Sheng.
 
この様々な色の野菜を盛った大皿が皆の前に現れる。
それを皆で一気に箸を入れ高く野菜を持ち上げ願掛けをするのだ。
持ち上げというか、箸で持ち上げ下に落とし又高く持ち上げ落とす。
その繰り返し。当然野菜はぼろぼろとテーブルにこぼれる。
 
後の姿は悲惨だ。
 
Chinese restaurantにいくと食べ終わった後のテーブルが
すごい汚れていてびっくりするが、これは一つの習慣だ。
別にテーブルにこぼれても気にしないのだ。
多分私は最後までこれには慣れないだろう。

2011年2月16日水曜日

中国人はシャイなのだ。

中国
 
 
シャイ→中国本土の中国人です。
 
中国に行くとわかるけど人の表情が結構厳しい。
朗らかでない。中国人どうしでも他人だと厳しい感じだ。
ちなみにインド人は誰であろうと友達か??ってくらい仲良く首をフリフリ話をしてる。
 
なんで?と聞いたらシャイだから。と言われた。
一度仲良くなるとすごく良くしてくれるけど、それまでは厳しい。
They dont know how to express their feeling.と。
まぁ日本人もそうだけどもう少し朗らかかなぁ。
 
中国人は世界中にいるけど大体どこの国もChina townなるもの
があり中国人はそこに集うらしい。海外にいる中国人のほうが
更に中国人のCommunityに入りたがるそうだ。
言われて見ればそんなSocialな感じでは無いかな。
 
もう少しメインランドの中国人について知りたいけどなかなか
実際の人達に会えない。M'siaとか台湾、香港のChineseは
知り合いたくさんいるのに。
 
話がそれるけれど中国に入った初めての日本映画は高倉健の『追補』
なので皆健さんご存知とのこと。ほかにチャゲアス、山口百恵あたりも有名らしい。

はい、チーズの語源は好、茄子だと思う。

好、茄子!
hao, qiezi!
ハオ、チエズ
 
 
これが中国語で写真を撮るとき言う言葉。
イーアーサンもあるがこれも主流。
 
これ、、「はい、チーズ」と似てません??
似すぎです。Cheezだとは思うけど最後ズってなるのは変だな
と思っていた。だからどっかからもじって持ってきたのだろうと。
 
何気に読んでいた中国語の本にこれがあって、こ、、、これは!!発見。
大体チーズなんか日本人はそんなに食べないのに、いくらチーで
口が横に伸びるとはいえおかしいだろう。
 
でもカメラって現代のものだから、もしかしたら先に日本人がチーズって
言ってそれで中国人が似た単語の茄子と言ったのかなとか
思ったり。Cheezも微妙だけどナスっていうのもどうか。
 
というか「はい、チーズ」は死語ですね。
補足:この「チーズ」を外人が言っているのを聞いた・・・。どうやら日本が
Englishの国から輸入したっぽい。チーズと言う時外人は最後まで
口が横に伸びている。最後 う の形にならないのだ。だから機能するのだ。。
あらら。

2011年2月15日火曜日

運の悪い人 - インドの洗礼編




運の悪い人っていうのはいるものだ。

今回女性3人で旅したわけだがどうにもこうにも
私以外の2人がUnluckyで驚いた。

まず、インドに着いて次の日にインド人にだまされて大枚をはたく事になる。

 でも、これだけじゃ終わらない。
 
次の日彼女にSingaporeの同僚からTELがかかる。
昨日1日で1800S$携帯の使用料金がかかっているというのだ。
彼女の携帯は会社経由?だかなんだかで使用状態がモニター
されている。なのでそういう通常ではない事態が発生すると
すぐ分かるのだ。
 
1日で1800$?? 私はPre paidなので全く知らないけれど
マレーシアでもシンガポールでもよくある事件らしい。
どういう構造だか他の誰かが自分の番号を使用して
電話をかけることが出来るというのだ。
 
「Miho, It happens.」と言っていたけど
さすがにびっくりした様子だった。どうにか彼女が払わずに
済むことを祈るばっかりだ。

その彼女は3日目カラスに糞をかけられていたけど
もうそんなのこの3日間では小さなUnluckだ。

もう片方の友達は空港でShoppingに夢中になり
帰りの飛行機を逃す。信じられない。Airasiaなので待ってくれる
わけがない。アナウンスをしても来ないのでドアは無情にも閉じて出発。
彼女はKL-SG間で260$更に払うことになる。
 
まぁ二人ともタフでそんなBad Luckの中でも悲しい顔一つしなかった。

インド人ならこんな場合でもきっとこう言う。
 
No Problem Madam. ;)
 
人生前向きで!

2011年2月13日日曜日

インド人の口癖 - No problem

No problem
 

この言葉を何回聞いたことか・・。
インド人は世界で一番PositveThinkingなのではないかと思う。
悩まない。No problem Madam.. 
 
私 「***に行って欲しい」 インド人 「No problem Madam.」
私 「***に行かないで欲しい」 インド人 「No problem Madam.」
私「友人が誘拐されたかもしれない」 インド人 「No problem Madam.」
 
聞いているともうどうでも良くなってくる。大丈夫かもしんない。
 
Taj Maharよりインド人のほうが驚く。
 
インド旅行はすごい濃かった。
 
 どの国にも似ていない。一度訪れることをお勧めする。
できるだけ若いうちに、個人旅行で。
  
 
Fortuneクッキーを開けたらこれが出た。
・・そうかもしれない。
 
 
これだけの水を用意していった。
結局全部は飲めなかった。3人で行ったのでこの
3倍以上のペットボトルが実際にはあった。
幸いお腹は3人とも下さず平気だった。列車内の
カレー味ポテトパフを食べても平気だった。

デリーのフマユントンブ Humayun's Tomb



こちらはデリーのH NizamuddinあたりにあるフマユーンTomb
Taj Maharもいいけれどこちらのほうが私的にはよかった。
騒々しくないし広いし。10時前に行ったので暑くなく快適だった。



無駄なものが一切無くとてもあっさり。
Beggerもいない。2人ほど写真売りがいた程度。




インドの子供達も修学旅行に来る。
Taj Maharにも結構いた。外国人は珍しいのか
一緒に写真を撮って欲しいとよく言われた。大人からも言われて
一緒に撮った。投げキッスとかも頂いた・・。青い制服がとても綺麗だった。
人懐っこくとても元気な様子が印象的。

インドの眠れない夜



こちらはタージハマル周辺のJaypee Hotel
唯一夜問題なく眠れたHotelだ。
 



かなーり敷地の広いホテルで何度も迷った。これくらい広ければ外の
車の音も聞こえないしとてもよい。



今回パッケージで2人でINR7000と安かった。レストランが20%引き。
おまけにトルコスチームサウナとジャグジー料金が入っていて
Freeで楽しめた。



 
1夜目、Old DelhiのTara Palace Hotelへ。
眠れない・・。すぐ近所がスラム街。
夜中は発砲している音がする。女性は一人では絶対行かない
ほうがいい。ここら辺は近寄らないことを勧める。
Tripadvisorでは高い評価のこのホテル、全く勧められない
 
2夜目はJaypeeでぐっすり眠る。
 
3夜目はH nizamuddinの近くEmblem Hotelへ。
デリーセントラルからかなり離れるっていうのに車がすごい。
おかげで夜眠れない。奥まった所は治安がやばいし
道路脇は車がうるさい。ベトナムよりはましだけどやはり
クラクションを多く使う。
 
このHotelもTripadvisorで高い評価だったが勧められない。
帰りのAirportまでのTaxiはINR1200と言われた。
あまりに高い。道端で拾ったTaxiはINR400というのでそちらに乗った。
  
4夜目は機内だったのでもちろん眠れない・・。
ここまで眠れない旅は今だかつて経験したことが無くて正直疲れた。
   
インドのホテルをBookingする際、いつもいつも5Starに泊まるのであれば
問題無いが4Star以下に泊まるのであれば「静か」とういことをポイントに
選んだほうがいい。これはNepalも一緒。
 
眠れないとかなりエネルギーが取られる。
アルコールを買って部屋で飲んでから眠るのも良いかもしれない。
外で飲んで帰ってくると危険なので。

デリーH Nizamuddin周辺のレストラン Ego3 Thai



今回のデリーの旅では日本人がうじゃうじゃいた。こんなにいなくてもいいじゃ
ないかという位いた。アグラで宿泊したJaypeeホテルのレストランでは
5テーブル中3つ日本人グループだった。
 
アグラを離れデリーに到着しN nizamuddin周辺のNew friends Colony Market
のEgoフレンチレストランでも日本人グループを見た。
ものすっごい辺鄙な場所だっていうのに・・。あっちも私に驚いている風・・。
結局そのレストランは止めて少し離れたEgo Thaiレストランへ。
雰囲気抜群。インドじゃない感じ。





ちなみにコンノートプレスでは全くもってお洒落なストリートを見なかった。
恐らく探し方が悪かったのだろうが、、こちらのNew friends Colony Market
のほうが良かった。
 

食べたのはグリーンカレー。海老入り。
1000円くらいするのでインドではかなり高いほうだろう。
すごく美味しかったけど量が多すぎて完食できず。
Less spycyと頼んだので辛くなかった。まろやかでNice.
もう一度行きたい店だ。
デリーに行ったら是非どうぞ。

デリー駅及び周辺事情 - 友人騙されるの巻

インドのデリー駅周辺は旅行者をだます人でいっぱいだと聞いていたので
心して行った。まず前夜宿泊したホテル周辺で鉄砲を打っている音
聞いていたので警戒はしていた。
  
が、特に何も無く無事3人で朝6時15分発の特急電車に乗り込んだ。
時間通り電車がスタートし2時間少し後に目的のアグラ駅へ到着。
そしてホームに下りて気がついた。2人が消えている!!??
席が少し離れていたのでいつ消えたのが全くわからない。
  
軽くパニックになる。
ど、ど、ど、どうして???
 
車内でチケットを確認していた車掌を見つけE7番、8番のChinese Girlsは???
といったら、そんな客は乗っていなかったという。その席はVacancyだったと・・。
はい~~~~???
  
結局何が起こったかというと
2人は無事席に着いた。が出発10分前に駅員の格好をした人が
彼女らの所にやってきてチケットを確認したそうだ。そして
  
「このBooking Confirmの紙のチケットでは乗れないよ。」
  
と言って彼女らのスーツケースをつかみ外に出てしまった。
その男はIDを見せたそうですっかり信用した彼女らは男に着いていって
しまう。友人が「車内にもう一人友人が乗っている」と男に言った所
「彼女は何人?」と聞かれ「日本人。」と友人が答えると
「日本人は問題無い」と言ったそうだ。
 
そして彼女らはそのまま車で約5分の小さいオフィスのような
場所へ連れて行かれてしまう。なんでそこで車に乗ったのか
詳細は分からないけど、兎に角着くとそこには計7人の男が
おり、もうどうにも抵抗できないような状況になってしまった。
 
結局電車はその時点で既に発車している。
男はタクシーで目的地へ行くよう2人に促し料金はINR21000とのこと。
4万以上。2人はもちろん、無理だと男に言うが聞いてもらえない。
挙句の果てにはATMまで連れて行かれそうになる。
 
しょうがないので友人1人が「既に親が他界しお金が無く払えない」と
演技をしINR7000まで下げる。それでも1万5千くらい。
かなり下がったのでそこで了承し2人は料金を払ってしまう。
 
そして男の仲間の車に乗り込み一路アグラへ。。
その旅路何度も男は仲間と連絡を取り合っている。
また更にトラブルになる可能性がある。
 
どこだかのインターチェンジで休憩を取った際に友人が
そこに偶然いたオーストラリア人の男性にことの詳細を話し
助けを求める。その男性はガイドと一緒に二人で北インドを
旅しているところで快く二人を助けるわけだけれど
ガイドのほうはタダでは車に乗せれないという。
  
結局2人でUS75$払えと言われそんなお金を持っていない彼女ら
に代わりオージーの男性が代わりに払う。いい人だ・・。
そこで晴れて2人は別の車に乗りアグラの目的ホテルまで
辿りつき私と対面。ふぅ。
 
私のほうは携帯のTextメッセージで連絡が取れる状態だということに
途中で気付き2人が「On the way」ということはわかったのだが
まさかそんなストーリーがあったとは露知らず。
 
その後2人はなんとか75$をオージーに返しFacebookで友達になる。
 
インドではだまされるほうが悪いという考えがあるが
確かに言える・・。もう少し機転を利かせれば回避できたのでは
無いかと聞いていて思った。本人も高い勉強代を払ったと
言っていたのでそう感じているようだった。
 
また、荷物はすぐに逃げられるようできるだけ小さいほうがいい。
盗られてもいいくらいのものしか持たないほうがいい。
 
また、私に関して言えば、かなりたくさんの人に道を聞いたり、または
リキシャとかTaxiの交渉をしたが8割がた何の問題もなかった。
数人全然違う方向を教えてくれたが、嘘だなとすぐ分かった。
ポイントは「同じことでも最低3人に尋ねる」ことだ。
一人の言うことを鵜呑みにしないこと。

インドのトイレ事情。

 
タージマハルを観光するためインドはデリー入り。
2月で気候は穏やかで風が涼しく快適な旅だった。




まずは朝6時15分発の特急に乗るためホテルを出発1時間前に出て無事駅へ到着。
私含め3人で電車に乗り込み席へ落ち着いた。ほっとする。私一人だけBooking
を別にしたため少し離れた席へ座る。


 
車内ではまず新聞、薔薇の花!そして紅茶に始まりコーンフレークとかパンとか
どんどん朝食が配られる。席も綺麗だしサービスもいいしホクホクの気分。
友人2人も離れた席で喜んでいることだろうと勝手に推測。
 

車内からの風景。
これはいいほう。実はインドでは人々が外で用を足す。
 
お小水では無くBIGなほうだ。
 
トイレのドアがない国があると聞いた事があるけど
 
それどころじゃない。トイレが無い。
 
人が大きい方をしている姿を生まれて初めて見る。
男性しか見なかったけど影ですればいいものを
電車からばっちり見える更地でしていた。後ろ向きも前向きも
かなり微妙な気持ちになる。後ろだとお尻が見えるし前だとモノが見える。
   
ちなみにデリーのセントラルあたりでも丁度爺さんが用を足して
拭いているところを最後の最後の日に見て、もうどうしようも無い気持ち
になる。あ、でも全員じゃないですよ。トイレのある家もあるけど人口10億。
無い人の方が多いと思う。
  
この事実はどこのブログでも見なかったような!!??
デリーからアグラへ。電車からでも車で行っても両方この光景は
見える。見て欲しいとは言わないけど軽くカルチャーショックを受けるので
是非どうぞ。
この後目的の駅に着いて初めて自分がひとりっぽっちになっている
ことに気付く。友人2人が姿を消している・・。

2011年2月7日月曜日

中国が日本から輸入した漢字


 

中国が日本から輸入した漢字があるらしい。
 
民主
 
自由
 
科学
 
今日知った単語3つ。これは元来中国には無かったらしい。
科学は別として民主と自由が無いのはどうか・・。
 
恐らく似たような言葉はあったのだと思うがばっちりその意味の
単語が無かったのだろう。
  
ちょっぴり誇らしい気分だ。ものすごい数の漢字を中国から輸入している
わけだけれど、その中で日本にしか無い単語を作りそれを逆に
中国にお返し出来たわけだ。誰が作ったかは知らないけれど。
 
この民主と自由という単語が更に中国で活躍してくれればいい。
 

シンガポールからイランへの道 

 

 

シンガポールから中東は間違いなく日本からより近くて便利。
AirasiaがKLよりTehranまで就航しているので今のうちに行こうと
思案中。ただ、一つ気になるのはIranのVisaは女性一人旅に厳しいことだ。


E-visaというものがあるようだが、日本のイラン大使館のホームページを
見ると女性の一人旅にはたとえE-visaで番号が取れてもビザを発給しないとある。
兎に角直接聞いて見ようとメールしたところ

Dear MIHO
If you proved us with your nationality and purpose and

length of your visit, we can guide you how to apply Iranian visa.
 
Rgds


このようなメールが。何か大丈夫そうな予感。
目的とかを綴って再度メールを出した。
ら、
  
Dear Miho
For your visa you can contact Iranian Embassay
in Kuala Lumpur or Iranian Embassy in Jakarta -Indonesia
at these Nos:+622131931391 - +622131931378.
 
Rgds

って、おいおいYouは何もしてくれないんかい??
しかも番号二つともインドネシアじゃない??
どうなるのだろう、イラン旅行。

2011年2月6日日曜日

便秘のツボは耳の奥


便秘になったことは今だかつて数えるほどしか無いけれど
長丁場になりそうな時とかでも使える方法がある。
それは耳の奥だ。耳の奥を刺激するだけであら不思議。
するっといく。これは昔母に教わった。
別に特別なものはいらない。ただ小指で耳の奥のほうを
クックッと押してあげるだけで効果あり。私の場合は右耳。
慣れてくるとツボがわかる。
あとは親指と人差し指の間をグッグッと押すのも効果があるそうだが
耳の奥に比べると効果は薄い。
問題がある方はお試しあれ。

映画 ブラックスワンを見る

 
今日は映画「ブラックスワン」を見た。
 
この映画はアカデミー賞5部門にノミネートとあったので内容は分からないけど
期待していった。ら、ほとんどホラーだった。。途中から何度も目をつぶっていないと
いけない。あと音楽が煩くて終わる頃には軽く頭痛がしていた。
隣の子は大絶賛でもう一度見てもいい位だと言っていた。うぅ、分からない・・。
 
ただ、明らかなのはナタリーポートマンはやはり凄い女優だなというところ。
小さな頃から売れっ子でこの年まで持続しているのはやはり才能なのだなと思った。
今回映画中8割がた眉が八の字だった。
  


 
映画の後はBotanic GardenのSwan Lakeを通り本物のSwanを見る。
結構大きめ。今日はSwan続きだ。

 


今日初めてボタニックガーデンを訪れたのだけど期待以上だった。
感じとしては新宿御苑に似ている。
5時を過ぎていたせいかさほど暑くも無く快適に過ごせた。
もう少しOpen Caffeとかあったらいいのにな。
 
 昔ここでYogaレッスンがあったらしいけどもう無くなってしまったのかしら?

2011年2月5日土曜日

Skypeで英語学習





skypeをインストールした。かなり遅れてスカイプデビュー。
これで英語学習をする。とは言ってもフィリピンのネット学習とかでは
無く知り合いと英語学習←日本人。
ちなみにフィリピン人とのネット学習をしていた人がいたが
悪くは無いらしい。ただ良い先生が見つかればよいけれど。
フィリピン人の英語は確かに他のアジア圏より
(間違いなくシンガポール人より)は上だ。
独学でもOKだけどやはり時間を決めて一緒に学習したほうが
楽しいし続くと思う。具体的にはhttp://www.nullarbor.co.jp/
このサイトの10分ニュースを聞き枠の中に内容をダーっと記入する。
ヒアリングの学習とボキャブラリーを増やすのが目的。
やって思ったのはKuala Lumpurで行っていたブリティッシュカウンシル
や日本で行っていた日米会話学院より濃密に勉強が出来る。
学習というのは10人とか大人数でやるものでは無いなと思った。
その10人が理解するのを待たなくてはならないし、他の人が発言している
時は基本自分にとっては無駄な時間になる。
この学習方法ではSpeakingが上達しないので慣れてきたら誰か
Nativeの友人を招待して話すのもいいな。Skypeなのでシンガポールに限る
ことも無いので全く離れた場所にいる誰かとcommunicationできたら
面白いかもしれない。
続きますように!!

インド鉄道のWLリストの見方



このインディア鉄道のサイトで今現在のBerthの状況が分かる。
どこかのサイトで左側の番号 (例;もしWL19/WL16 であれば WL19)は不動と
あったがそれは間違いだ。これは状況で変わる。  
(ていうか、このサイトのアドレス名変じゃない・・?)

私はこの1ヶ月ちょくちょく見てきたけど最初は左側数字がWL4くらいだったが
日が近づくにつれどんどん数字が上がった。
私が思うにどちらかがキャンセルを既にした人数、どちらかが今現在
キャンセル待ちの人数だ。何れにせよ自分の番号が左右両方の数字より
下であればいい。はず!ちなみに私はWL1なので問題ない。
  
 ちなみに自分のWLの番号がConfirmされるのは出発の1時間前からである。
Agra canttの駅では駅外にComputerized reservation?みたいな小屋が
あり、そこのマシーンでPNRのステータスが見れるようになっている。
  
早速自分のPNRを入れたらConfirmedと出て席の
番号が出た。それを紙に控えて列車へ乗る。一応その小屋にいる
駅員へ確認したが同じ番号を割り振られた。単に席番号を教えてくれる
だけでチケットは出なかったので必要無いといえば必要無い。
 
というか、ここでConfirmと出たからいいけど出なかったらどうすりゃ
いいのだ??かなりリスクだと思う。あと日本人は2Aより下は乗らない
ほうがいいと思う。BackpackerならOKかもだけど普通の感覚で
乗れる電車ではない。Delhi ->Agraの2時間特急電車はまだしも
その他の電車はかなりきつい。ずっとBeggerにお金をせびられる羽目になる。

タージマハル 満月の夜に特別公開




タージマハルは夕方確か6時頃に閉まるが満月の日含め5日間夜間公開している。
 
せっかくならば満月の夜のタージマハル観光をしたかったのにニアミスで
逃してしまった。きっときっとロマンチックに違いない。もしタージマハルを観光
するのであれば是非満月の日にどうぞ。限定400人だそうですが
いっぱいにはならないとのこと。町の旅行会社で予約が出来るとのこと。
 プロポースには最適とのこと。←多分。
 
私がインド人男性なら多分満月の夜にタージマハルでプロポースすると思う。
でも以前会ったインド人がタージマハルは別にどうでもいい、と言っていたのを
聞いて、え、そうなの?と思ったことがある。
 
日本人にとっては富士山みたいなものだと思う。
これは国の象徴だ。まぁ富士山嫌いな日本人もいると思うけど。
どうでも良いとは一体どういうことか。
 
まぁ、兎に角どうせ行くならベストな時をお勧め!

2011年2月4日金曜日

体は人を表す


 
体は人を表すという。
 
 
最近腿と二の腕下あたりが煮過ぎた餅のようにテロンとしている。
努力してないのが丸見えの状態だ。
これはまずい。心身共に美しくないと。ということでYogaを習うことにする。
 
2月のWeekendは旅行続きで時間を取れない。なのでWeekdayとなるが
ちょこちょこ予定が入るのでここは便利なクーポン制のYoga教室を探す。
大体10回分ずつ買えるがポイントは有効期限だ。
 
  Spa boutiqueは屋外Yogaでとっても気持ちよさそうだけどなんと
10Weeks以内に使用しないといけないらしい。250$でそこそこなんだけど・・
 
Hom Yogaは有効期限が3ヶ月。でもちょい高めなのが難。
あとHot yogaってどうなのだろう。熱いのはちょっとね。
 
リトルインディアのYogaは10回120$でかなり安いけど遠いのと
日がFixなので無理かな。メンバーが楽しそうだけど。
  
うぅ、どうしよう。本当はEast coastのBeach sideでやりたいけど遠いーー!

中国語発音の際に大切なこと

本日から週2回知り合いのNUS大学生ハルビン君に中国語を習う。
何が大変て、ann と ang の違いなど発音だ。
どうしてもannができない。舌を巻いてしまうせいなのかangになってしまう。
 
これをどうやって矯正するかというと舌をぺろっと出して発音するのだ。
英語のthの発音は上の歯と下の歯でちょっぴり抑えるがそんな感じ。
要は舌の位置を正しく置かないと発音が出来ない。
それに加えて鼻の位置と言われた。
  
鼻!!
  
単語によっては鼻から空気を出すらしくちょっと膨らむというのだ。
 
 
難しい・・。
 
 
プラス R と L の発音も正しくしないといけない。
この点は英語と同じだ。xi と qi など注意しないといけない発音山盛り。
まずはここからスタートだ。3ヶ月で日常会話可能というがさて・・。
 
恭喜发財
ゴンチーファーツァイ
これが新年の言葉。財はお金という意味。新年の言葉にお金?と聞いたら
Chinese likes moneyと言われた。自分達もそう思っているのね。。
 
Old peopleには身体健康 シェンティージィアンカン
または寿比南山ションビーナンシャンがよい。

二日酔いにはウコンの力



昨日はコンドでプールパーティ。その際バカルディやお酒を飲んで
久しぶりに酔い感じ。早速年末同僚が日本で買ってきてくれた
ウコンの力を試す!
これは二日酔いを防ぐ粉で飲んだ後にスプーン3杯水で流す。
きつい匂いできつい味。息を止めて挑む。
これで次の日さっぱりした気分でお目覚め。
効果は上々。
30代を向かえお酒が次の日に残る方は是非どうぞ!

2011年2月2日水曜日

インドのメトロのルール



これがインドのメトロのルール
 
左から4つ目までは標準。5番目のつばを吐かない、は少し外れる。
電車内でつばは普通はかないだろうがインドではありえるのだろう。
右端の火を焚かない。これはありえないと思うかもしれないが
どこだかのブログで電車内で火を焚いて食事をつくっている光景を見たと
あったのでそんな人がいるのだろう。
 
 おそらく日本で言えば鍋をちゃぶ台に置いて調理するがそんな感じの
のりかと思う。すごいな、インド。インド旅行すごい楽しみだ!